顧客管理ツールが必要な理由は

営業マンで顧客と日々接している場合には、約束事なども多くあるかもしれません。一般的にメモ帳等を所有しており、そのメモ中に約束事や時間などを書いていきますが、直近のものに関してはそれほど問題ないものの、3週間位前に約束した内容などは忘れているかもしれません。明確な約束でなくても、雑談の中で言われた一言を忘れているといったこともあります。このような場合、次回その人に会ったとき話が食い違ってしまう可能性もあるかもしれません。

そうすると、非常に厄介な問題が起こります。今までの顧客も、一気に信用を失われてしまい、顧客がいなくなってしまう可能性もあるかもしれません。営業マンがわかるかもしれませんが、確実に利益を出すためには、新規顧客を獲得するよりも今までいるお客さんを大切にした方がはるかに多いです。新規を開拓するのも1つの方法ですが、それだと時間とお金がかかりすぎてしまうでしょう。

このように考えると、少なくとも現在いるお客さんは可能な限りつなぎ止めておくことが必要です。その時に重要になるのが、顧客管理ツールかもしれません。顧客管理ツールを使うメリットは、お客さんの情報を一元化できることです。顧客管理ツールにも様々な役割がありますが、お客さんの情報を全て1カ所に詰め込むことで前回どのような話をしたのかあるいは1ヵ月以上前に会ったときどんな内容の話をしてお客さんはどのような反応だったのかなども記入することができ、それに合わせて対応することができるでしょう。

もし営業マンが体調不良で休んでいる場合も、約束に取り付けることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です