顧客管理ツールに必要な情報を入れる

会社が反映するためには、何よりお客さんを大切にすることが必要です。当たり前のことかもしれませんが、従業員として慣れてしまうとそのことすら忘れてしまうかもしれませんが1度ぐらいは、自分がお客さんの立場に立ち、自分がどのように接しているかを考えてみると良いかもしれません。このように原点に立ち戻ることで、もう一度営業するときの姿勢などがわかってくるものです。そのことを忘れないためにも、メモなどは定期的にとっておいた方が良いでしょう。

ただ、メモをするといっても限界がありますのでできればデータとして残しておきたいところです。データとして残す場合には、顧客管理ツール等が有効といえます。顧客管理ツールは様々な機能がある中で、1人のお客さんの情報を詰め込みそれをすべての従業員で共有することができるわけです。そのようにすることで、佐藤今まで担当していた従業員が退職した場合でも、そのまま引き継ぐことができるでしょう。

そうすれば、お客さんが離れていく可能性はかなり減少してきます。一方で、顧客管理ツールを利用してお客さんの特徴などを知っておくことも大事になるでしょう。例えば、前に自動車を購入してくれたお客さんがいた場合、そのお客さんが冬のタイヤを購入したいと考えていると書かれているならば、その情報は冬になる前にもう一度活用するべきです。そうするともしかして、そこでタイヤを購入してくれる可能性が出てくるかもしれません。

細かい事かもしれませんが、そのように前回言ったことを思い出してもらうと言うことだけでも、お客さんは良い営業マンと感じるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です