顧客管理ツールを上手に活用してみよう

世の中には、様々なツールが存在しますが顧客管理ツールと呼ばれるものもあることを知っておくべきです。顧客管理ツールとは、文字通り顧客を管理するツールの事ですがどのような場面で使われるのでしょうか。顧客管理ツールが使われるパターンとしては、例えば営業マンが顧客回りなどをしている場合前回どのタイミングでそのお客さんと話したかなどをデータとしてまとめておくことができる点です。例えば、前回から1ヵ月以上経過している場合には、お客さんは自分の会社のことを忘れてしまっているかもしれません。

そうすると、だんだんとお客さんが離れていってしまう危険性があります。せっかく高いお金を払ってお客さんを獲得したにもかかわらず、手放してしまうのはもったいないといえます。それ故、顧客管理ツールを余すことなく利用して、お客さんとの関係を密接にしておくことができるわけです。それ以外に利用できる事例などもありますが、例えばお客さんに対応していたセールスマンなどが途中でやめてしまった場合です。

その続きを新しいセールスマンが行わなければいけませんが、引き継ぎ用のデータを入れておくことができます。そして、そのデータは全ての人が確認できるようになっている仕組みもありますので、新しく引き継ぐセールスマンだけでなくその上司あるいは横のつながりでも確認することができるかもしれません。結果的に、かなり合理的な仕事を行うことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です