顧客管理ツールで定期的に連絡をする

顧客管理ツールの使い方は様々ですが、お客さんと定期的に連絡をするのに役立ちます。営業マンも、1人や2人のお客さんだけを抱えているわけではなく、人によっては100人ぐらいのお客さんを抱えている可能性があるかもしれません。この場合、一人ひとりの顔や名前などを覚えていたとしても、細かな内容までは覚えておらず、前回いつ頃連絡を取ったかあるいは対面したのかなどを明確に覚えている人はほぼいない。そうすると、1部のお客さんだけは定期的に接触しますが、それ以外のお客さんの存在を忘れてしまうことになりかねません。

結果的にどのようになるかと言うと、連絡が途絶えたお客さんのうち何割かは顧客から離れてしまいます。別の会社にも同じようなサービスがあるとすれば、そちらに行ってしまう可能性があるかもしれません。すると新規顧客をまたとらなければいけませんが、新規顧客を取るのは時間とお金がとてもかかることを知っているでしょう。それよりも、既存のお客さんを大切にすることの方が、はるかに時間をかけずそしてお金をかけずに合理的に利益を出すことができるわけです。

そこで顧客管理ツールを使いそこに前回いつ接触したかあるいは連絡したかを書いておきましょう。概ね人によっても異なるものの2週間から3週間あるいは長くても1ヶ月おき位に連絡を入れることで、お客さんとの親密度が上がるようになります。親密度が上がれば、それだけものを買ってくれるあるいはサービスを利用してくれる確率が高くなりますので、顧客管理ツールの素晴らしさを知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です