チャットボット導入による、企業と顧客へのメリット

近年、企業の間でチャットボットが急速に普及するようになりました。『チャットボット元年』といわれた2016年頃から、顧客対応をAIに委ねるシステムは、ビジネス界のトレンドとなっています。2010年代以降にAIの性能が格段に向上して、クラウドの膨大な情報を利用するようになったことも一役買って、AIを商業利用しようとする企業は増えています。企業がお問い合わせ対応にチャットボットを導入した場合、企業と顧客の双方にメリットがあります。

企業側のメリットは、顧客対応を効率化させて、コストカットや、オンライン接客による顧客転換率の向上を図ることができる、ということです。AIに質問の返答集をプログラムすれば、顧客対応を自動化させることができます。人力で返答するかわりに、AIが顧客とのやりとりを担ってくれます。その間、社員は他の業務に専念することができます。

業務の負担とコストが軽減されて、一石二鳥です。蓄積されたデータをもとに顧客のニーズを定量的に把握して、そこから商品やサービス改善のためのヒントを得たり、ユーザーの心理に配慮したコミュニケーションで、売上や顧客満足度を向上させることも可能です。顧客側にとってのメリットというのは、チャットボットであれば24時間いつでも質問に返答してもらえる、ということです。いつでもAIに質問できるならば、回答を待つために顧客が長時間待たされる、ということがなくなります。

チャットボットには、月額料金を支払えば自ら開発しなくてもテンプレートから作成し、利用できるものもあります。いろいろ比較しながら、業態に合ったものを探してみるとよいでしょう。チャットボットのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.