チャットボットを企業で使う時の効果

チャットボットはチャットを介してテキストまたは音声で回答するプログラムの事で、人の代わりに問い合わせに対応してくれるものです。大きく分けてAI搭載型とAI非搭載型があって、性能的に高いのはAIを搭載しているタイプの方です。非搭載型の場合は単語に合わせて返答を設定しておいて、対応する回答をするようなプログラムになっています。AIが搭載されているタイプでは、非搭載と比べて文章全体の意味を理解して緻密な返答が可能になります。

さらにAIが搭載されているタイプでは、質問された内容から様々なデータを蓄積していき、より最適な回答ができるように学習します。チャットボットを企業で活用する時は顧客からの問い合わせに対応するような対外的な活用方法と、社内での活用方法があります。外部からの問い合わせに使用すれば電話やメールのみで、問い合わせを受ける場合よりもコストの削減が可能です。さらに24時間で対応してもコスト負担があまり変わらないので、顧客に24時間のサポート体制を提供できます。

企業内では総務に対して様々な部署から業務に関する問い合わせが来ます。この問い合わせに対応するのは業務の中で、大きな負担となっています。だからと言って直接社内で質問せずに、マニュアルなどを作ってそれで対応する流れにすると、質問する側が必要な情報を得るのに手間がかかって業務が非効率になります。そこで企業内でもチャットボットを導入して、使用すれば社内全体の業務効率の向上に繋がります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.