チャットボットが企業の業務を変える

チャットボットというのは、会話という意味のチャットと、ロボットを意味するボットをつなぎ合わせた言葉で、簡単にいえば自動会話プログラムのことです。人間がチャットボットに何か話しかけたりすると、それに対応した返事をしてくれたりします。このプログラムは、すでに企業が色々な業務において活用を開始しています。例えば、企業のホームページなどを訪れると、右下あたりに「何かお困りですか?」とか「何かご質問はありますか?」などの表示が出てくることがありますが、あれなどもチャットボット活用の一例といえるでしょう。

チャットボットを導入することで、企業の業務を大きく効率化できると期待されています。特に電話応対業務などで大きな威力を発揮してくれるようになるでしょう。電話応対業務は、会社にとってけっこう馬鹿にできないコストがかかっています。専用のコールセンターなどを設置していれば、人件費などを中心に膨大なコストがかかります。

しかし自動会話プログラムを導入すれば、コールセンターをほぼ無人化することも夢ではありません。システムが1つあれば複数の顧客に同時対応することができますから、何人も人を雇わなくても済みます。また、プログラムは24時間365日いつでも対応することができますから、顧客もコールセンターを利用しやすくなるのではないでしょうか。チャットボットなら、社員教育をする手間ひまもかかりませんし、離職することもないので安定して稼働することができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.