お正月の食卓に欠かせない、おせち料理のいわれ

お正月にかかせないのがおせち料理、その由来は平安時代。季節の節目の5節句に宮中で催された宴、節会で神様に供えられた食べ物が御節供(おせちく)と呼ばれていました。5節句は、1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日ですが、江戸時代に一般庶民にこの習わしが広まったとき、最も需要な節目であるお正月のお祝い料理が、おせち料理と呼ばれるようになったのです。お正月は年神様を家にお迎えして新年の福を授けていただく行事、おせちは神様に供える縁起もの、家族の幸と健康を願い、五穀豊穣、子孫繁栄などの祈りも込められ、海の幸や山の幸が豊富に盛り込まれているのです。

彩り豊かに重箱に詰められるおせちは、お正月の食卓を豪華に盛り上げてくれます。コンパクトで来客にも振る舞いやすく、蓋がついていることから保存もききます。そして重箱に詰めて重ねるのは、「福を重ねる」という意味があるのです。重箱は本来は5段重で、いちばん下の5段目は、年神様から授かる福を詰める場所として空にしておくのです。

重箱の詰め方は地方によって異なりますが、1の重には正月料理に欠かせない祝い肴、黒豆、数の子、田作り。2の重には、口取りの色鮮やかな紅白蒲鉾、伊達巻き、昆布巻きなどが詰められます。3の重には縁起が良い海の幸、出世魚のブリや鯛。長寿を願う海老。

与の重には豊かな収穫を感謝する山の幸の煮物、里芋、れんこん、クワイ、ゴボウなどが詰められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です