おせちの重箱にはそれぞれ意味があります

おせち料理の重箱にはそれぞれ意味があり、一般的にめでたさや幸福などが積み重なるようにという願いがあります。エリアや家庭によって違いがありますが、正式な重箱の数は五段で、1~4段には料理を詰めて、5段には神様から頂く幸福をつめる場所としてわざと空しておく慣わしがあるそうです。重箱の4段は4という数字が縁起が悪いということで、「与の重」とも言われています。最近では核家族化などの影響もあり、2~3段のものが主流になっています。

一般的なおせちの詰め方として、一の重箱には黒豆や数の子・ゴボウなどを入れます。二の重箱には紅白のかまぼこや伊達巻、昆布巻きや栗きんとんなどの口取りや酢の物などが多く詰められる傾向です。三の重箱にはブリやタイ・エビなどの海産物が中心の焼き物などが入れられます。四(与)の重箱は山の幸が中心になっていて主に煮物が入ります。

レンコンやサトイモ、ゴボウやにんじんなどの野菜が中心です。五の重箱はわざと空にしておき、控えにしておきますが、家庭によっては子供が好きなお肉や余った料理を入れるところもあります。きれいに詰めるにはコツがあり、まず置くから詰めていきましょう。崩れにくいものを先に詰め、仕切りや器などで味が移らないように工夫します。

汁気のあるものは器を上手に活用したり、魚やエビなどは頭を左にするのがポイントです。きれいにおせち料理を入れることによって、お正月の食卓が楽しくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です