おせち料理に込められた意味

日本のお正月と言えばおせち料理ですが、このおせち料理には様々な願い事が込められていて、それを食べることで豊作や家内安全、新繁栄を願う傾向にありました。そんなおせち料理ですが、近年は若い人たちの間では、あまり食さなくなりましたが、それでも毎年様々なお店でも販売競争している日本の代表的な料理の一つです。そんなおせち料理ですが、もともとは季節の変わり目である節に、神様へのお供え物をして宴を開くという宮中行事として作られていた料理です。この時は御節料理と呼ばれていましたが、いつしか庶民の間でも浸透していき、今現在の形として定着するようになりました。

そして、地域や家庭によって様々な献立がありますが、中には多くの家庭で定番となっている献立も数多くあります。例えば黒豆は、元来から豆が意味する丈夫や健康を込めた献立で、それに加えてまめに働くなどの意味も込めて、いつまでも健康に働けるようにという願いが込められている料理です。また数の子はニシンの卵なので、二親(にしん)から多くの子が出るのでおめでたいと昔から使われる縁起の良い食材で、お正月には小さなお子さんから大人の方まで幅広い世代に愛される食材となっています。この他にも昆布は喜ぶにかけた縁起物で、お正月の鏡飾りにも用いられている食材になりますし、エビには長い髭がある事から、腰が曲がっても元気で過ごせるようにとの願いが込められています。

このように昔の人はお正月に願い事を込めておせち料理を食べることで、その年が良い年になるようにとゲン担ぎをしていました。そして、その意味は今も変わることなく日本の伝統として残り続けています。鹿児島牛の通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です