チャットボット導入の事例をチェック!

チャットボットの導入を迷っているなら、事例を知ることで判断しやすくなります。新しい技術と思われがちですが、実際にはすでに多くの企業が利用している状況です。自社と同じような課題を抱えている企業がどうように活用しているのか知ると、導入したときの効果をイメージしやすくなるでしょう。たとえば、チャットボットの事例として、人員不足で顧客の対応が十分にできていなかった企業のエピソードがあります。

世間でのイメージを上げるためにも、しっかり対応をしていこうというのが企業の方針です。しかし、昨今の不景気により従業員を多く雇うわけにはいかず、可能な範囲での遂行に留まっていました。そこに導入することで、人員不足でも対応力を著しく強化できたというわけです。他の事例として、チャットボットで従業員の残業が減ったというエピソードも有名です。

その企業は問い合わせがとても多く、毎日9時ごろまでオペレーターは帰れませんでした。過重労働が懸念される状態になっていましたが、消費者をないがしろにはできません。そこで導入を決定し、6時以降はそちらに任せることにしました。その他にも、自社サイトの登録者を無料会員と有料会員に分けて、後者のみオペレーターが対応する制度にした企業もあります。

前者は自動チャット形式の対応のみにして差別化を図ったというわけです。これにより有料会員に付加価値を持たし、そちらの登録数のアップにつながる結果になりました。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.