人工知能型チャットの活用事例

チャットは、もともとインターネット上で人間同士がリアルタイムにやりとりするためのツールとして使われていましたが、近年はAI(人工知能)を活用したチャットサービスが登場してきており注目を集めています。この人工知能を使ったチャットの事例としては、例えば企業のホームページのお客様サポートサービスがあげられるでしょう。すでに企業のホームページなどではこの活用事例はなかり普及してきており、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。主にホームページの右下あたりにナビゲーションが出てきて、そこに質問などを記述して送信すると、応答がすぐに返ってきたりします。

あれは人間が返答しているのではなく、人工知能が自動的に質問の意図を読み取って、適切と思われる答えを返しているわけです。この企業のホームページの事例から分かることは、人工知能型チャットを活用すれば、お客様サポートサービスにおける負担を軽減できるということでしょう。お客様サポートに人間のスタッフを活用すると、高額な人件費がかかってしまいます。一人の人間が対応できる問い合わせの数には限界があるので、満足いくサービスを提供するには複数のスタッフを雇わなければいけなくなります。

人工知能型のチャットならば、システムを一つ導入すれば、あとは何百・何千の問い合わせが送られてきても、同時に次々にさばいていくことが可能となります。人間スタッフを雇うよりも圧倒的にコストパフォーマンスに優れています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.