一般企業でチャットボットを導入する際の事例

日本では今後2025年までに、広範囲のサービスでデジタル化へとシフトチェンジをなされる見通しです。2020年10月にデジタル庁が新設され、その動きも目覚ましいものでしょう。一般企業においては、2015年頃から既にオンラインによる消費者へのサービスも実施されているほどです。今では各企業が公式webサイトを持つのが、一種の集客効果となっています。

この公式webサイトに埋め込めるプログラムのひとつに、「チャットボット」というものがあります。ここで簡単に一般企業のチャットボットの導入に関する方法と事例を見ていきましょう。企業と一口にいっても多様なものがあり、サービスを提供する・商品を販売するという2つの事柄にわけて考えることが可能です。まずサービスを提供する企業の導入事例を見ると、そのサービスに関する問い合わせをチャットボットに任せることができます。

AIによって細かく過去の質問を分析させ、その中の回答をすべてチャットボットに組み込むというわけです。これのより、カスタマースタッフの人員を大きく削減できるというわけです。次に商品を販売する企業の事例を見ると、おもに商品情報をチャットボットに組み込んで活用できることがわかります。既に販売されている全商品の使用をプログラムにして整理し、それをAIが分析すれば瞬時に的確な回答を得られるというわけです。

公式webサイトに用意をすれば、24時間いつでも問い合わせができて顧客の満足度も高まることでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.